QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

ミス・モノクローム3、ハッカドール、影鰐 第7話簡易感想

monochrome3_07_01.jpg
ミス・モノクローム -The Animation- 3 #07「DISGUISE」
ハッカドール THE・あにめ~しょん #07「KUROBAKO」
影鰐 #07「切斬」
monochrome3_07_02.jpg
monochrome3_07_03.jpg
monochrome3_07_04.jpg

ライブで訪れた大阪で偶然出会ったKIKUKOとマナちゃんと共に大阪の街中を巡る宣伝を兼ねた観光回。途中当たり前のように雑に扱われるうーさー様や、KIKUKOの有名なネズミの王国は庭にある発言等々。テンポ良く市街を回る中で小気味のいいギャグ要素を織り交ぜながらも、しっかりとミス・モノクロームとKIKUKOの立ち位置の差や対照性を描いているのが抜け目ない。

ド派手なリムジンで乗り付けたKIKUKOとタクシーや市電で移動しようとしたモノクローム。自家用ジェットで街を去るKIKUKOと新幹線で帰路に付くモノクローム。移動手段一つ取って見ても両者の立場から来る対照性が組み込まれている。これから全国を巡るモノクロームとハリウッドに進出するKIKUKOの差も対照性を象徴する部分の一つと言ってもいいだろう。

自ら宣伝して回らなければまだまだ認知度が低いモノクロームと、最後に着ぐるみを脱いであっという間に人の輪に囲まれたKIKUKOの差に関してもそれは言える。今回は至る所に立場の差から来る両者の対照性が詰め込まれていた回だった。それらを自ら肌で感じながら、それでも前に出るとミス・モノクロームが言ったことにこそ意義があるのかなと思うわけです。

KIKUKOが憧れた一般人に邪魔されない普通の時間は、今のモノクロームが当たり前のように享受しているものだが、それはKIKUKOが持ち得ないものでもある。全国ツアーを前にそれを知った上で前に進むことを決意する。そこに意味があった回だったかと思いました。それにしても既にモノクロームさんが返済を求めることもなくなってきてる気がするけどね。マナちゃんは一刻も早く金返せ(笑)


hackadoll07_01.jpg
hackadoll07_02.jpg
hackadoll07_03.jpg

アニメはお家で見るから楽しいものなんだ!ということでアニメ業界の過酷な製作現場に纏わるお話。好きこそものの上手なれなんて言うけど、好きであることの他に仕事でなければやってられないよと思えてしまう辛い現場に徐々にやられていく1号ちゃんの変遷していく様が秀逸。理想と現実のギャップはかくも純粋な子を追いつめてしまうものなのかと。

元気だけが取柄で大好きなアニメ制作に携われた1号ちゃんでしたが、その持ち前の良いところを見事なまでに陰らされてしまうところに、今回の修羅場の闇が如何に深いかを感じ取れてしまう。本当に限界ギリギリ。多くの人が追いつめられて時に逃げ出してしまう有様。紆余曲折を経てアニメは視聴者の元に送り届けられているのだ。

しかし地獄を乗り越えてもその先に待っているのは終わりのない新たな地獄への入り口。我先に逃げ出した4号ちゃんを誰が責められようか。皆で力を合わせてピンチを乗り越えた先に希望はなく、あるのはただただ過酷な現実のみ。逃げ出したことで全てから解放され満面の笑みを浮かべる1号ちゃんに幸あれ。今週も無事にハッカドールを拝めたことに感謝しかありません。


kagewani07_01.jpg
kagewani07_02.jpg
kagewani07_03.jpg

今回の話の舞台が学校だっただけに怪談系統の話に持っていくのかなと思っていたら、今までの中でも最高レベルにド派手な奇獣の攻めに戦慄する。しかし危機を乗り越え屋上から子供二人が落書きした絵を俯瞰するオチを見ると都市伝説というか怪談というか。呼び寄せたキッカケはグラウンドに描かれた悪戯描きと考えると割と怪談っぽい話の構成になっていたのかもしれない。

地中を住処にする未知の生物らしく地上に居る者が立てる「音」を頼りに襲ってくる性質をいち早く見抜き、咄嗟に機転を巡らせ生徒を救おうと奮闘する先生、先生のピンチに際し冷静に台車を転倒させる機転を利かせた生徒の一人。絶対絶命のピンチでも誰かを見捨てたりせず、全員が他の誰かのために動いたからこそ生還を果たせたのではないかと思う。

もし仮に誰か一人でも「自分さえ助かれば良い」的な思考で動いていたら恐らく全滅していただろう。途中までは先生が良い先生すぎる上に機転も効く頭を持っていたので、生徒を利用して逃げ出そうとするんじゃないかと思っていたけど世の中捨てたもんじゃなくて良かった!鶏は犠牲になってしまったけど、人間の死傷者は出なかったということで救いのある話に一安心。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ULTRA SUPER ANIME TIME ♯20「KUROBAKO」
・ハッカドール THE あにめ~しょん ♯07「KUROBAKO」 評価 ★★★☆ ようこそ、クソッタレな職場へ            
【ハッカドール THE・あにめ~しょん】 第7話『KUROBAKO』キャプ付感想
ハッカドール THE・あにめ~しょん 第7話『KUROBAKO』 感想(画像付) これが本当のアニメ制作進行の地獄だ!!(笑) 白箱でなく黒箱な、アニメ制作のお手伝いをするお話。 最後の作業が、「トップをねらえ!」最終決戦のようなモノクロ映像になって笑った(笑) BGMまで似せたのを使ってましたね♪  
[2015/11/15 09:47] 空 と 夏 の 間 ...
ミス・モノクローム -The Animation-3 第7話 『DISGUISE』 KIKUKOがモノクロームさんになった!
モノクロームさんが歌ってる!!アイドルと言いながら歌うシーンが殆ど無かったのに、冒頭で当然のようにライブやっててビックリ。以前も歌ったことはありますが、全国ツアーを目指すようになってからはとんとご無沙汰。いよいよトップアイドル目指したモノクローム坂を駆け登り始めたのか、と感慨もひとしおです。 流石のリムジン。大阪でのライブを終えてそのまま街へ観光を兼ねた宣伝活動。目の前に泊まるリムジン。KI...
ミス・モノクローム -The Animation- 3 第7話「DISGUISE」
ミス・モノクローム大阪ライブ! 大盛況じゃないですか、よかったよかった。 ライブ後もキャンペーンがんばってます(^^) 観光もするみたいww ルーちゃんだっこしてるモノクロームちゃん可愛い♪ でっかいリムジンきたー! KIKUKOとマナちゃん乗ってました~ 和気あいあいで一緒に大阪巡りすることに。 でもKIKUKOは超有名人。 ネームバリューありすぎて観光も満足にで...
[2015/11/14 15:23] のらりんすけっち
ミス・モノクローム -The Animation- 3 #07 DISGUISE
もっともっと前に出るーーーーー!!
[2015/11/14 10:03] ゴマーズ GOMARZ
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m