QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第162話「アイドル活動であれお笑い活動であれ大切にすべきことは何一つ変わらない!」

aikatsu162_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #162「☆めちゃパニック☆」

ルミナスとニーナによるアイドル活動ならぬお笑い活動。
いやいやお笑い活動も立派なアイカツの一部、やで!
aikatsu162_02.jpg
aikatsu162_03.jpg
aikatsu162_04.jpg
aikatsu162_05.jpg

井津藻ディレクター提案の『ルミナス+ニーナお笑い届けますツアー』によって実現した一日限定のコラボ企画回。彼が関わる回は面白いのに加えて斜め上の方向にぶっ飛んでいくことが多い気がするけど、今回に関しては笑いをテーマに据えつつもぶっ飛び要素は抑えつつ、ニーナの更なるキャラの掘り下げを真面目に行っていたと思う。

前回語られたように今のアイドル堂島ニーナを形作る大きな要素となっているのは、王道のアイドルとお笑いという二つの要素である。アイドル部分に関しては前回の中で「計算ではない自然体の自分を見て貰う」という一つの形と答えをニーナなりに示していたので、今回もう一方のお笑いに関する部分を追及していくのは極々自然な流れなのかなと。

ルミナスの三人をそこに絡ませたのは、いつもと違う分野に新しく挑戦することの意義や、いかなる分野であっても大切にすべきことは何なのかを、ニーナと一緒に感じ取らせる意図があってのことと思えた。普段のアイカツとは勝手の違うお笑いを本場大阪でやることは、ルミナスの三人のみならずニーナにとってもアウェーでの挑戦に他ならない。

子供から大人までを対象としたお笑い届けますツアーでしたが、いつものアイカツと違うのは、見てくれている人たちが必ずしも自分達に興味を持っている、知っている人たちを対象としたものではないことにある。最初に訪れたお年寄りが集まった場はまさにそれだし、次に訪れた場に居た女子高生組や幼稚園児が知っているのはあくまでアイドルとしてのあかり達の姿である。

普段と異なる彼女達のお笑いに挑戦する姿を見るからこそ、そこに面白さは生じるがニーナが意図した反応が返ってこない状況も同時に生み出していた。元々大阪出身ではないニーナが本場で笑いに挑戦すること、アイドル活動とは違う分野に挑戦するルミナス三人。その挑戦する分野の他に、ファン側の視点から見ても今回は「アウェー」であったのかなと感じたのです。

双方ともに普段と異なる要素で構成されているからペースが乱されてしまう。それが結果として思惑通りの笑いを取ろうとするニーナの意地に繋がってしまっている。思惑通り=計算通りはまさにニーナの本質的な性格の部分であり、お笑いマスターケンちゃんはその痛い部分を突いてニーナにそれを突き付ける役割を担っていたのではないかなと思う。

それをニーナがどう受け止めて乗り越えていくのか。今回の意義はそこにあったと思います。ニーナがやるべきことは自分の思惑通りにファンを笑わせることではない。幼少期に自分に笑顔を与えてくれた芸人のように、見ている人が心の底から笑えることをやる。「勝ち負けではなくケンチャンに思いっきり楽しんで欲しい」は、そこに行き着いたからこそ出る言葉で。

見ているファンに心から楽しんでもらうことだけを考えて繰り出した最後の渾身のネタ。それに最高の笑顔と突っ込みでもって返すケンちゃんを見た時のニーナの満足げな表情が強烈に焼き付く。渾身のボケと珠玉の突っ込み。ステージに立つ側と見ている側が「笑い」を通して通じ合った瞬間。故に凄く印象深いです。そしてこれは何も笑いに限ったことではない。

あかり達が普段行っているアイカツにしても同じことが言える。如何にしてファンを魅了し楽しませるのか。ファン目線に依ったステージ作りが大切なことはこれまでのアイカツでも度々描かれてきたこと。アイドル活動であれお笑い活動であれ根本的に大切なことは変わらない。分野は異なれど思いは一つ。

だからこそ別れ際にあかりとニーナが発した「アイカツを頑張る」という台詞が感慨深いです。活動の場所も違うし活動内容そのものも異なるかもしれない。でも思いは同じで全てをひっくるめてこれからもアイカツを頑張っていく。お笑いを基本に置きながらも大切にすべきことは何であるのかを考えさせられる回でもあったかなと思います。

ニーナを形作る二つの要素。アイドルとお笑いに今のニーナなりの答えを出させて行動に移す。それを間近で見ることで、あかり達も大切なものを感じ取り糧としていく。運命的偶然の出会いがもたらしたものは双方にとって大きな財産となっただろう。前回と今回を合わせてニーナのキャラを掘り下げつつ、しっかりとしたテーマに基づいて進行していた良い回だったと思います。


aikatsu162_06.jpg
aikatsu162_07.jpg
aikatsu162_08.jpg

ニーナが珠璃やまどかと絡まなかったのは残念でしたが、それはまた別の機会に期待するとして。今回合間合間に出てきたスターライトで待機していた組のやり取りが何気に凄い面白くてネタ的な意味ではこっちの方が面白かった可能性も無きにしも非ず。主に勢いバッチリの珠璃の登場とサラッと毒を吐いていくまどかの反応がですね。

珠璃の情熱的な登場にしても、まどかの正直すぎる発言にしても、既にお約束と化しているかもしれませんが、それに対するののリサの反応を見るとバニチリメンバーと打ち解けていると感じられるし、珠璃に対してのまどかの遠慮しない物言いを見てもバニチリメンバーの絆が深まっているのを感じられて凄く良いなぁと。

ルミナスツアーの都合上、どうしても出番が減りがちな他の主要メンバーをこういう形で補完してくれているのは有り難い。彼女達のメイン回でそれを実感できるような活躍をしてくれれば更に言うことないです。ののリサやバニチリもさることながら、ひな珠璃とかももっと見たいのですよ!


aikatsu162_09.jpg
aikatsu162_10.jpg

オオゾらっこあかりちゃんや乙姫スミレちゃんを筆頭に各キャラのコスプレ紛いの衣装を堪能出来たのも結構楽しかったりしました。これもアイカツではお約束の一つかもしれないけどスミレ・ひなき・ニーナの三人が被ってたソラマメも被り物姿が地味にクル。ニーナが想定していたあかりちゃんの突っ込みが予想以上にノリノリでキレッキレなのも面白かった。何故これを女子高生が集まっていたあのステージでやろうと思ったんだ(笑)


aikatsu162_12.jpg
aikatsu162_11.jpg

隙あらばののリサ!この二人のイチャイチャっぷりはいつ見ても和みますな。もっとやってくれてもいいんだよ。何気にネタ要素の一環として出て来たけど何かの機会で『なまらノリノリシスターズ』のコントとかやってくれないものだろうか。劇場版次回作の時などの小ネタとかで期待したい。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/12/04 ] 放送中アニメ アイカツ! | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツ・ポケモン・ここたま・庶民サンプル)
アイカツ! 第162話 ルミナスにオファー、ニーナちゃんと一緒にお仕事! お笑いは一日にしてならず、なかなか思うようにはいきません。 それでも前向きにお笑いに向き合うニーナちゃん。 お笑いマスター幼稚園児、ケンちゃんを笑わせるぞ! ネタ先読みされてニーナちゃん四苦八苦。 初心に返り、相手に笑顔を届ける気持ちMAXでネタ披露。 ケンちゃんの大笑いゲットだぜ! やったね、ニーナち...
[2015/12/04 07:50] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m