QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第75話「本人の為にそふぃとシオンを送り出す仲間と支えるマスコット勢の姿に感動した!」

pripara75_01.jpg
プリパラ #75「イゴーイング・マイウェイ」

迷い踏みとどまる天才二人の背中を押す仲間たち。
マスコット勢の成長も実感出来る良回だった!
pripara75_02.jpg
pripara75_03.jpg
pripara75_04.jpg
pripara75_05.jpg

自分が行くべき道筋に悩み揺れる天才二人の動向と仲間たちの後押しに感動してしまう今回のお話。ひびきが掲げる理想像、そして彼女が自ら体現して見せた更なる高みへ対する羨望・興味・衝動を抑えきれなくなったそふぃとシオンを踏みとどまらせていたのは、ひとえに所属するソラミスマイルとドレッシングパフェのメンバーとユニットそのものに対する思い入れがあるからこそ。

所属メンバーが抜けて引き抜かれることに対する複雑な思いがないと言えば嘘になる。そういった様子を描きつつも、どうすることが本人にとって一番良いことなのか。ユニット結成当時の心境や、過去の自分の行いから導き出した答えを織り交ぜつつ、迷う二人の心境を察し、優しく背中を押して送り出すらぁら&みれぃ、ウェスト姉弟、そしてマスコット勢の対応が素敵すぎる。

今回はそふぃにしてもシオンにしても新しい道へ踏み出す前に、それぞれ原点回帰と思しき描写が挟まれていた。そふぃは自由になる前と後の姿の対比が行われ、親衛隊のそふぃに対する対応や、かつてそふぃを拘束し自分の意のままに動かそうとしていたウサギの考え方の変化が、それをより印象深いものにしている。

特にウサギの考え方の変化は、今現在のシオンを後押しする行動にも繋がっていて、かつての失敗から学び担当アイドルのために動き、彼女達の立場に立った発言が出来るようになったウサギの姿は、本当に感慨深いものがある。みれぃに対するクマの思い入れやネコ姐さんの発言も、長く見守ってきた立場にあるからこそ重みのある発言になっており、総じてマスコット勢の存在感が光る回でもあった。

シオンは原点たる囲碁以外の物への興味、そしてライバルと認めるいろはを絡ませ刺激とすることで、自分からレオナとドロシーに話を切り出す形にすることで、後述のそふぃとの差を演出し彼女らしさを引き立てる。シオン勧誘の報せを聞いた際のレオナの「リラックス」を以ってしても収まらなかったドロシーの反応から、ドロシーがシオンを凄く大事に思ってるが伝わってくるのもグッド。

そふぃに関してはシオンと対照的に最後まで自分から切り出せず煮え切らない。それは長い期間の中で培われた彼女の本質的な部分が未だ残っていることの表れ。同時に本当の自分らしさを自由に表現する場所を与えてくれたらぁらとみれぃをどれだけ大事に思っているか、ソラミスマイルというユニットを大切に思っているかの証左でもある。

だからこそ今までと異なる道へ進むもうとするときに感じる戸惑いや不安。ソラミスマイル結成直前にも見せていた同種の反応。それを最もそふぃを理解し間近で接し続けてきたらぁらとみれぃが察して後押ししてくれるのが最高です。周りに彼女を理解しようとする者が誰もおらず現状維持、クールそふぃを望むばかりだった当時の状況。しかし今は違う。そふぃを理解し背中を押してくれる人が周りにいるのだ。

しがらみから解放され自由になったそふぃが最も輝くことを、らぁらとみれぃは一番良く分かっている。だからこそ自分達から離れてしまうことに抵抗を感じても、そふぃのためを思って送り出す。そうすることがそふぃを更に輝かせると二人は誰よりも知っているから。ソラミスマイル結成の経緯を思うと、らぁらたち三人のやり取りにジンときて泣けてしまう。

自由にしているところが好き。自分の気持ちに正直に。同じ天才でチーム加入までの経緯こそ違った形で描かれたそふぃとシオンですが、この点に関しては共通していたと思う。パルプスに帰ることになったふわりにしても、一度パラ宿を離れることで今一度本当の自分らしさ、自由奔放な彼女本来の姿を取り戻すために新たな一歩を踏み出したとも取れ、その意味で三人は共通のテーマの基に動いていたと思う。

既存の環境からの脱却。新たな一歩を踏み出すという話を描く上で、似た状況化にあったソラミスマイル結成前の話と重ねることで、話に重みや深みが出ていましたし、長期シリーズならではの各キャラの成長。特にウサギの成長と彼とそふぃの因縁にも一つの決着を付ける形にもなっていて素晴らしかったと思います。


pripara75_06.jpg
pripara75_07.jpg
pripara75_08.jpg

傷心のふわりがパルプスへ帰郷したとの報せを聞いた時のひびき様の反応が、取り繕う間もなく思わず素で反応してしまった感じが出ていて非常に良い。この時の声質も普段の落ち着きとはまた違ったものを含んでいて、ひびきのふわりに対してどんな思いを抱いているのかが垣間見えた気がします。

執事安藤の「少ししたらまた戻って来る」との回答に対するひびきの返しが、また微妙に安堵した感じを含んでいるようにも聞こえて妄想が捗ってしまうのです。ふわりの帰郷を「そんなこと」と断じたのも戻って来ることを知れたから言ったと思うとね。ひびきとふわりの関係は今後も重要なポイントの一つであることは変わらないのだろうと改めて思えた。


pripara75_09.jpg
pripara75_10.jpg
pripara75_11.jpg

そんなシリアス風味の姿を見せる一方で、語尾アイドルの二大巨頭の一人であるあじみ襲来によって取り乱したひびき様が面白すぎてもう。そふぃ相手に如何に取り繕って冷静を保とうとしても、その前の流れを見てる視聴者からしたら取り繕った平静の姿すら面白い以外の感想が思い浮かばないのである。

本編で持てる才能を如何なく発揮し始めたかと思いきや、ネタ要員としての活躍も忘れることはない。そんな紫京院ひびきさんが大好きなのです。回を追うごとに魅力を様々な方面で増していくひびき様恐るべし。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/12/14 ] 放送中アニメ プリパラ | TB(2) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第75話感想
 「プリパラ」第75話「イゴーイング・マイウェイ」の感想です。
[2015/12/17 10:13] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ・あにトレ・てーきゅう6期・JKめし)
プリパラ 第75話 イゴの人とぷしゅー、ひびきチーム入り! 仲間内でシャッフルするのも食傷気味になってきたし、変化をつけてきましたか。 快くシオンとそふぃを送り出したらぁらたちの成長も見逃せない。 ふわりちゃんアルプスに帰っちゃう展開はやっぱりハイジをなぞってるなと。 ヤギは一緒に帰らないんだ^^; お世話誰がするのかしら。 冷たく当たってたひびきですが、メンバー集め最後のひとり...
[2015/12/16 07:50] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m