QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第165話「ルミナスジャパンツアー終幕なれど早くも次を見据えるあかり達が頼もしい!」

aikatsu165_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #165「ルミナス☆クリスマス」

ルミナスジャパンツアーの集大成となるクリスマスのファイナルライブ。
ツアーの中での出会いを通して育んだ力が聖夜に奇跡を起こす。
aikatsu165_02.jpg
aikatsu165_03.jpg
aikatsu165_04.jpg
aikatsu165_05.jpg

あかり達にとってはホームであるスターライト学園で行われたルミナスジャパンツアーファイナルライブ。いちごの何気ない一言が発端となり、ののリサのキラキラッターでの発言が拡散されることで実現したスノーリレープロジェクト。

ツアーで初めて訪れた地で出会ったののリサが火付け役となり、各地のアイドルとファンの協力の元、ツアーラストの舞台を彩り、アイドルとファンが共に協力してステージを作り上げるところに、このツアーがどのようなテーマに基づいて行われていたかを改めて実感させられる。まさに最後を飾るに相応しい舞台、集大成的なライであり、あかり達がツアーの中で何を得たのかを象徴していた。

ルミナスの三人は全国ツアーをやり遂げ一つの大きな階段を登ったと言ってもいい。かつてソレイユが全国ツアーから戻った際に、かつての美月のようにアイカツ界を牽引するイベントを提案したように、本作において全国ツアーはアイドルを大きく成長させるものとして描かれている。今回いちごと美月が登場したのは、ルミナス三人の成長を遂げた瞬間に立ち会い、見届ける意味合いがあったのかなと。

あかり達にとってツアーをやり遂げたことは一つの節目であり集大成。一つの目標を達成したわけだが、勿論これで終わりではない。大スター宮いちごまつりで美月といちごが言ったように、ソレイユが全国ツアーに出発する前に語っていたように。一つの夢の実現は全てではなく終わりでもない。今いる場所が終着点でもない。そこから更に先へ進み、高みを目指すことの重要性が要所要所で繰り返し語られている。

だから今回はファイナルツアーそのものよりも、むしろライブ終了後のあかり達の発言の方が個人的には気になる部分。ツアーをやり遂げた達成感もそこそこに、彼女達の目は既に次なる舞台と領域へ向いている。スターライトクイーンカップ。今年はその称号が持つ意味と重みを理解しないまま臨み、全く手を掛けることすら叶わなかった領域。その頂へ一年越しで向かっていく。

今年のあかり達のアイカツ、特に後輩組が加入して以降の物語は全てスターライトクイーンカップを経て、新たな目標の元に動き出したあかり達の物語と言ってもいい。後輩である凛とまどかの指導、ローカルアイドル勢との出会い、ユニットカップ、大スターライト学園祭。あの時の決意と覚悟を胸に秘めつつ、これらに臨み、そして今回までのルミナスジャパンツアーなのである。

ツアーは一大イベントなれど通過点であり終着点ではないというのはそういうことで。元々あかり達が見据えていたものは更にその先にある。自分たちの力の無さを痛感し、まだまだ至らない点を自覚した上で歩み続け、遂にソレイユ同様に全国ツアーという大仕事をやってのけた今のあかり達の発言は、おとめの後任たるクイーンを決めたあの時とは、そこに込められた言葉の重みが全く異なる。

そしてツアーの終了が全ての終わりでないのと同様に、仮にクイーンの座に就いたからと言ってそこで全てが終わるわけではない。その先には憧れの系譜で繋がる美月、そしてあかりの全ての大元と言っても過言ではないいちごが待ち受けている。今はその高みへ至るための、挑戦するための道程の途中なのだ。今回は特に124話、125話との関連性が深い話だったと思います。

最後にルミナスの三人が見上げたツリーの頂に飾られた星、そしてそれよりも更に高いところで夜空に輝く星々。それが上述したように更に高い領域へ連なる道筋をあかり達に燦然と示しているように映り最高の締めだったと思います。話の内容的にも今年のアイカツ、特にあかり達のアイカツを総括するような内容であり、恒例の斧や伐採はなかったけど、年内最後を飾るのに相応しい回だったのではないでしょうか。


aikatsu165_06.jpg
aikatsu165_07.jpg
aikatsu165_08.jpg
aikatsu165_09.jpg

ルミナスジャパンツアーのラストを飾るに相応しい豪華な顔ぶれが揃った今回のライブステージ。ルミナスはドリーミークラウンのクリスマスコーデ、いちご・美月・珠璃はロリゴシックのクリスマスコーデで統一されており、衣装面で普段とは違った雰囲気を出しながらも統一感のあるコーデで非常に見栄えが良くていいですね。堪らんのです。

使用曲は昨年に続いて『はろー!Winter Love♪』でしたが、個人的にこの曲が凄い好きなので今年も使用されて純粋に嬉しかったり。また昨年より人数が倍になったことで単純に画面の情報量が増し華やかなのだが、ステージ上であかりといちご、美月といちごが並ぶカットが劇場版からの経緯を思うと感慨深くてジンと来てしまったりする。

シャイニングラインに連なるこの三人が同時に同じステージに上がったのは、劇場版のアンコール以来だったかなと思う。それを考えるとやっぱり今回のライブはルミナス、ひいてはあかりが成長を遂げる集大成の瞬間でもあり、いちごと美月はその瞬間の立会人になるべく選出されたのかなと思ったのは本編の感想で触れた通り。

珠璃ちゃんに関しては今後の布石なのか。それとも昨年のクリスマス回であかりに伐採を依頼した張本人であり、いちごが木を切る姿に憧れたもう一人のアイドルということで舞台に上がることになったのだろうか。昨年は本編登場直後でもあり大スター宮いちごまつりに参加とはならなかったが、ルミナス三人に次ぐ位置に居ると思うので、今後見せ場が来ると良いなと思ったり。


aikatsu165_10.jpg
aikatsu165_11.jpg

ルミナスジャパンツアーは今回で一区切り付いたが、スノーリレープロジェクトの協力者として登場した秋田の「なまはげアイドル」花輪やよいについて少し触れておきたい。アニメの話数の都合上、いくつかの地方のアイドルは出番なしのまま終わると思ってはいたが、こういった形でも出番があって良かったと言うべきか。

筐体の方で出ている初音ミクとハワイのモニカに関しては、本編登場はないだろうと思っていた。しかしまさか四国地方の荒灘はづきがアニメ未登場のままルミナスジャパンツアーが終わってしまうとは…。個人的には好きなキャラで地味に本編登場する機会を待っていたりしたのでね。何かの機会に登場したりしないだろうか。


aikatsu165_12.jpg
aikatsu165_13.jpg

今回というより今の物語はあかり世代が中心なのは言うまでもない。だけどやっぱり旧キャラ勢が出て来てしまうとそっちに目を持っていかれるのも事実なのです。レジェンドオーラは色褪せることありませんなぁ。最近は毎回のようにソレイユが出て来るし、今回は久しぶりにらいちが登場していたりとサービス要素にも溢れていた回だったのかもしれない。

その中でも横並びになった時に一際強い存在感を放つのはやっぱり美月なんだなぁと。この長身で当然と言わんばかりにセンターに陣取る。でも美月さんはこうでないとと思ってしまう自分もいたり。モデルの蘭ちゃんさんが低く見えてしまうくらいの圧倒的存在感。未だ頂点に立つ者の一人であることには変わらないのである。神崎美月、恐るべし。


aikatsu165_14.jpg

まずは今年も無事にアイカツの感想を完走することが出来て何より。昨年もクリスマス回で年内を締めたアイカツですが今年もそれは同じ。正直昨年の時点で今年の今頃はもう行方不明になって更新も途絶えてるんじゃないかと漠然と思ってましたが、やってみれば意外といけるものだと。来年の今頃は、その時が来てみないと分からんですね。アイカツとプリパラが続く限りは…ね。

真面目な話をすると今回は今年のアイカツを総括する内容だったと思ったのは本編で書いた通り。ただスターライトクイーンカップに関するあかりの強い決意に基づく発言は、美月を超える宣言をした時のいちごに重なる雰囲気があって、もしかしてあかりの物語に一区切り付くまでそう長くは掛からないじゃないかと今回のラストを見て思ったのですよ。

スターライトクイーンになってもその先にいちごがいる的なことは上述した通り。ただ美月といちごの関係のように、その決着はやろうと思えば劇場版でやれたりしてしまうので、もしかして来年三月で一度シリーズに終止符が打たれるんじゃないかと一抹の不安がね。いや、自分が知らないだけで既に決まってたりするのか。それならそれで良いのです。続いて欲しいと願ってるので!

今年は更にあかり世代への移行が強まり、新キャラクターが続々と登場する中で、それでも旧キャラ勢を要所要所でストーリーの根幹に関わる部分に絡ませて、上手いこと物語を進行させていたように思えます。あまり出しすぎると世代交代をした意味が薄れるので、今くらいのバランスが丁度いいのかなと個人的には思う。

今年もしっかりとしたテーマに基づき丁寧に話が描かれていて大いに楽しませてもらいました。心残りがあるとすれば、もう一度ドリアカ勢とみくるちゃんを本編で見たかったが、それは来年に持ち越し。今気づいたけどこの両者がOPに居るしまだまだ続いてもおかしくないですね。フォトカツもこれからだし。

さてさて、今年も紅白アイカツ合戦があればもう一つアイカツ記事を投稿する可能性がありますが、なければ今年はこれで終わり。あるいはフォトカツが年内に稼働すればですが…多分無理だと思うので。来年の今の時期まで無事に続いていることを祈りつつ、2015年のアイカツ感想を締めくくりたいと思います。それでは良いお年を!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/12/25 ] 放送中アニメ アイカツ! | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツ・なにゃこ・ここたま)
アイカツ! 第165話 ルミナス全国ツアー編ちゃちゃっと終了、はしょった感は否めないな―^^; やはりこの3人の人気はイマイチなんだろうか。 今回も高校生組が助っ人参戦、いちご&美月がステージへ。 衣装はみんなすごく似合ってて可愛かったです。 斧イベントはなかったけど、雪のステージをみんなで作り上げる展開は胸熱。 雪を補充しながらスターライト学園まで運びましたよ、おつかれです! ...
[2015/12/25 11:50] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m