QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

Go!プリンセスプリキュア 総括「絶望があるかぎり夢だって輝き続ける」

gopre50_01.jpg
Go!プリンセスプリキュア 最終回「はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!」

夢を持つことで生じる希望と絶望を丁寧に描いた力作。
素敵な一年間をありがとう!
gopre50_02.jpg
gopre50_03.jpg

夢と希望という子供向けの作品ならではの王道のテーマを軸に、しかしそれだけでは終わらなかったところが本作の最大の魅力であると感じた最終回。夢を実現させる道のりは決して希望に溢れたことばかりではない。その過程で辛いことや苦しいことが常に付き纏い、時に心が折れ挫けそうになる事態に直面する。当然と言えば当然だがプラスの要素だけではなくマイナスの要素が常に表裏一体で混在している。

ともすれば避けてしまいがちな負の側面の要素。しかし本作ではそれを避けるどころか、作品において最も重要な要素として位置づけ正面から向き合って描いている。ここが自分が本作で最も印象的であった部分であり、好印象を抱く最大要素でもありました。「夢を見るのは良いことだ」とプラスの要素のみに目を向け短絡的に、そして一方的に押し付けているのではない。

作中で主要キャラのプリキュア勢は皆何かしらの形で挫折や苦悩を経験し立ち止まる。それはサブキャラや敵幹部にしても同じこと。夢や希望、そして絶望と向き合う際、そこにプリキュアとその他の垣根はなくなる。彼女達は皆同一であり、等しく夢を追う者として描かれている。本作におけるプリキュアは当初こそ夢の守り手たる存在だったが、挫折や苦悩を乗り越えた後は夢の導き手としての役割を担っていた。

どちらにしても彼女達は他人の夢に直接干渉して無理やり力づくでどうこうすることはない。あくまでほんの少しの後押しをしたり支えとなるだけで、何かを変える、変わるために直接頑張るのは「夢を叶える当人」なのである。そしてこの部分もプリキュアや一般人、敵幹部の垣根はない。夢を追う者達としてそこは同一のラインに立つ者として一貫して描かれている。

はるかが心折られ絶望に染まった時、それでも彼女は過去の自分に後押しされ向き合うことで最終的に自分の力で乗り越えた。クラスの演劇でトラブルが発生した際、安易にカナタに頼るのではなく当事者であるクラスの皆が力を合わせることで乗り越えた。ディスピアの支配に怯えるシャットは、戦いの中で敵対勢力であるプリキュアの在り方に異なる可能性を見出し、自分の意思で変わろうと決断した。

仲間や他人の助力や助言、そして介入はあっても、最終的に決断し実行するのは他でもない自分自身。辛いことも苦しいことも全部含めて、それでも夢を持つことの大切さを説く。上述したプラスとマイナスをそれぞれ体現するはるかとクローズの関係は物語序盤から一貫して描かれてきたが、だからこそこの二人がそれまでのような戦いではなく、対話の中で導き出した新たな答えが非常に味わい深い。

絶望は消せない。楽しいことと辛いことは背中合わせ。でもだから今の自分がいる。時々負けちゃうことだってあるけど乗り越えられる、夢があるから。どちらか一方を肯定し切り捨てるのではなく、全てを内包して受け入れる。希望と絶望は表裏一体のものであり、夢はその両面に触れ乗り越えた先にあるものだからだ。様々な困難を乗り越えてきた今のはるかが言うから意義がある。

仮に絶望に一切触れず、また見ようとしない彼女が同じことを言ったとしても全く響かない。負の要素を突き付けられとことん向き合った彼女が言うからこそなのです。はるかとクローズが常に対立し、一貫して主張をぶつけあった果てに生まれた答えだから尊いのです。故に「絶望があるかぎり夢だって輝き続ける」というはるかの答えが染み渡りました。

ブレずに一貫したテーマ性の元に、終盤になっても各キャラ複数話を用いて掘り下げる大胆な構成。また主要キャラだけでなく、ゆいちゃんや敵幹部にも見せ場があり、ちゃんとした役割が与えられている。彼女達の活躍が、夢を追いかけるのは特別なプリキュアだけのものではないという印象を更に強めてくれました。

夢を目指す時に希望だけではなく絶望が付き纏うことも覚悟の上で動く者は強く、絶望を知るからこそ他者への思いやりと優しさへと繋がり、それでも挫けることなく夢に向かって邁進していく者達の姿は尊く美しい。まさしく「強く、優しく、美しく」を体現する女の子たちの素敵な物語だったのではないかと思います。物語とキャラがガッチリ組み合った素晴らしい出来に感謝しかありません。ありがとうGoプリ!


gopre50_04.jpg

Goプリが終わったという絶望は消せない。でも乗り越えた先に魔法つかいプリキュアという希望がある。ということで我らの先輩勢から受け継がれてきた熱い思いと伝統をキュアフローラから引き継いだキュアミラクルが織りなす新たな「希望」に期待したいのです。一年という期間は長いようで本当にあっという間。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
テーマの一貫性が本当に美しかったですね。
夢⇔絶望(ゼツボーグ)の対比をザケンナー以来の敵生成メカニズムの設定だけに終わらせず、今回の表裏一体の決着まで描き切った1年スパンのプロットに感動です(^^)

各キャラの掘り下げも、おっしゃる通り丁寧で素晴らしかったです。
個々の魅力もさることながら、ストーリー上も絶妙なキャラ配置。それぞれに「見せ場があり、ちゃんとした役割が与えられている」というのはまさにその通りだったと思います(^^)
[ 2016/02/01 02:05 ] [ 編集 ]
Re: taraさん
はるかとクローズが初期から一貫して相反する主張をぶつけ合う間柄として描かれていたのもこのためだったのだなぁと感心してしまいました。夢と絶望を体現する象徴的な存在であるこの二人が最後に問答を行うからこそ意義があるのだと思いました。この表裏一体の決着を一年のプロットでブレずに描き切ったのは本当に素晴らしかった!

魅力あるキャラの動かし方も本当に良かったと思います。キャラの配置が絶妙でみんなにちゃんとした役割が割り振られていて。夢は誰もが持つものでそれをテーマに掲げる本作だからこそ、特別な存在たるプリキュアだけに留まらず一般人のゆいちゃんや敵側にもしっかりとした主義主張があるのを実感出来る彼女らの活躍に勇気づけられました。

一年見てきて本当に良かったと思えた最終回なのでした。
ではでは、コメントありがとうございました!
[ 2016/02/01 23:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

[ヲタ話][プリキュアシリーズ][Go!プリンセスプリキュア]「希望の力よ! 光の意志よ!」「未来へ向かって、突き進め!」
 いや、いやいや、冗談抜きにまさにコレじゃん。初代の必殺技「レインボーストーム」の掛け声そのままみたいな物語だったじゃん。プリキュアという作品の系譜が、こういう形で継承・具現化されてるんだよ、間違いなく! さておき、とうとう来てしまいました、「Go!プリ
だって、私たちには夢がある―【アニメ GO!プリンセスプリキュア #50(終)】
アニメ Go! プリンセスプリキュア 第50話(終) はるかなる夢へ! Go!プリンセスプリキュア! 絶望は消えない だけど だから 希望も 夢もまた消えはしない― ディスピアを退けるも その絶望のチカラは消えず プリキュアたちの前に 再びクローズが立ちはだかる 彼は言う 絶望は決して消えはしないと 終わりの見えない戦いに 打開する術を見...
アニメ感想 『Go!プリンセスプリキュア』第50話「はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!」
『Go!プリンセスプリキュア』最終回! プリキュアの感想って、「日曜の内に書かないと鮮度が落ちる(タイミングを逸する)」みたいな謎の強迫観念が(^^;) でも、今回ばかりは何かつぶやいておかないと年末の話数単位10選(「感想を書いた回から」の縛りで選定予定)で後悔しそう… そう思わせてくれるだけの、素晴らしい大団円でした(^^)
[2016/02/01 01:33] たらさいと
Go!プリンセスプリキュア 第50話「はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!」(最終回)
ゴープリもいよいよ最終回! 1年経っちゃったんだなあ…改めて感じてしまいますわ。 OPで1番を流すところが心憎い。 締めはフローラとクローズのサシ対決!! 敵さんトップバッターがラスボスというのも斬新。 いいなあ…(歴代トップバッターさんたち)^^; 顔芸全開でフローラに襲いかかるクローズ。 でもはるはるは戦う気ゼロ。攻撃は受け止めてましたが。 夢と絶望は背中合わせ、...
[2016/01/31 15:05] のらりんすけっち
Go!プリンセスプリキュア 第50話「はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア!」
Go!プリンセスプリキュアの第50話を見ました。 第50話 はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア! ディスピアとの戦いが終わり、学園の生徒達からの歓声が沸く中、地上に舞い降りるはるか達に黒い羽が放たれる。 「…!?そんな…クローズ!?」 「一体、何故…!?」 「知ってるだろ?ディスダークは何度でも蘇るぜ!ディスピア様は最後に俺に全てを下さった。あらゆる夢を閉ざ...
[2016/01/31 11:17] MAGI☆の日記
Go!プリンセスプリキュア テレ朝(1/31)#50終
最終回 第50話 はるかなる夢へ!Go!プリンセスプリキュア! ディスピアを倒して皆の夢を守った。そこに茨が再びプリキュアを襲う。ディスピアは全てをクローズに託して消滅したのだった。絶望は無くらない。再び戦うしかないのか? キュアトゥインクルを制してキュアフローラがクローズに向かう。話してみる、キュアマーメイドはフローラに託そうと告げる。絶望は無くならない、はるかは過去を思い出す。辛いことも...
[2016/01/31 11:15] ぬる~くまったりと
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m