QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

この素晴らしい世界に祝福を! 第10話「ここはちっとも思い通りにいってくれない。そんなろくでもない世界だった」

konosuba10_01.jpg
この素晴らしい世界に祝福を! #10「この理不尽な要塞に終焔を!」

長かったチュートリアルもこれにて終了!?
カズマさんたちの冒険はこれからだ!!
konosuba10_02.jpg
konosuba10_03.jpg
konosuba10_04.jpg

本編の中でも折に触れて存在だけは仄めかされていた機動要塞デストロイヤーが、遂にアクシズの街を襲撃!一応アニメ本編の最後ではあるんだけど、変に緊張感バリバリの雰囲気にするのではなく、気合を入れて魅せるところは魅せるけど、逆に抜くべきところはしっかりと抜く。キャラ同士の掛け合いも普段のノリを損なうことがなく、実にこのすばらしい魅力に溢れていた回だったと思います。

そもそもクエスト参加の理由からして俗っぽいというか各々の欲望丸出しなのが面白い。カズマは苦労して手に入れた屋敷を失いたくない一心からだし、我先に逃げ出そうとするアクアは終いには街が滅びれば借金帳消しなんて考え始めるし、頭のおかしい子扱いされるめぐみんは言うに及ばず。唯一貴族の娘らしい使命感で動いていたダクネスも、結局は己の性癖、もとい欲望に突き動かされる。

そしてそれは何もカズマさん御一行に限った話ではない。一見まともな使命感に駆られて動いてるように見えるダクネスに触発されて、デストロイヤーに立ち向かった他の冒険者(主に男性)にしても、街を守る純粋な使命感というよりも、お世話になったサキュバスの店がなくなると困る、恩返ししたいという非常に俗っぽい理由で団結することで、カズマ一行と違和感なく溶け込み一体となっている。

また敵対した強大な力を有するデストロイヤーにしても、どんな大層な理由で作られ、どんな経緯で暴走に至ったかと思えばこっちはこっちで俗っぽさ全開なのである。低予算で何とかしろと無茶振りしてきた上司に反抗心たっぷりで嫌々作った挙句に暴走して手に負えなくなり最後は責任放棄。異世界の魔法技術の粋を集めた代物のはずなのに、それらはこれでもかというくらい元居た日本と変わらない現実的なあれこれを突き付けてくる。

言ってみれば双方共にしょーもない行動理念に基づいて動いている。いや、トラブルの発端たるデストロイヤーの製作秘話からしてアレなので、対処する側もアレになってしまうというか。それでバランスが取れてしまう。冒険者なのにおよそ冒険者らしくない思想、異世界なのに元の世界以上に過酷な現実的トラブルとの遭遇。自分が本作に感じていた魅力。これらの要素が詰まっているから最後まで面白ったのだと思います。

戦闘面でも割と本気で力を出すアクアや、めぐみんとウィズの爆裂魔法の相乗等々、見所は満載で実際この部分に関しては凄い気合が入っていたと思います。それでも倒しきれないことでデストロイヤーの凄さも自然と際立つし緊張感も増すところなんだけど、如何せん上述した暴走過程の判明やカズマのドレインタッチに関わるやり取りで自然と緩んでしまう。

ドレインタッチが危機を脱する決め手となり、カズマに主人公らしい見せ場を与えてくれたことは嬉しい。しかし一方で、決して格好良いままでは終わらせてくれない世界の残酷さ。個人的にはアクアから過剰供給されためぐみんの爆裂魔法で街を丸ごと吹き飛ばすオチに行くかと思ったけど、よりカズマさんの責任を問えるオチへと収束させる。ある意味彼は世界に愛されているというわけだ。

脅威の古代兵器から街を救った英雄が一転、大領主の屋敷を吹き飛ばした犯罪者!世界はどこまでも残酷で過酷な現実をカズマさんに突き付ける。異世界への転生も慎重にねと身体を張って伝えてくれたカズマさんのメッセージを我々は忘れてはならない。しかし辛いことも苦しいことも楽しいことも生ある者の特権なのです。生きているから残念さも素晴らしさも感じられる。

そんな生ある者達(アンデッド系もいるけど)が日々を過ごす、この素晴らしい世界に祝福を!何はともあれカズマ曰く、ろくでもない仲間たちと繰り広げた数々の珍騒動もこれにてひとまず幕引き。ありがとうカズマさん、ありがとうこのすば!この楽しくも騒がしい時間を与えてくれたカズマさん御一行に再び巡り合える日を今から楽しみに待ちたいとしたところで本編の感想を終えたいと思いまする。


konosuba10_05.jpg

個人的にギャグテイストの強い作品が好みというのもあるのですが、それだけに事前の期待値も結構高かった本作。いざ始まってみるとその期待値以上に面白い出来で、開始時期は後発組なれども今期の深夜枠作品の中では自然と一番続きが気になるというか早く続きが見たい作品になっていました。

異世界に来たけどあんまり冒険しない。ファンタジーな要素が下地にあるのに、立ちはだかるのは妙に現実的な問題ばかり。という世界観と個性強すぎるキャラクターがツボに嵌ったなぁと思います。カズマが良い人だったらヒロインズに振り回される可哀想な人で終わるんですけど、彼は彼でクズっぽい面もあって類は友を呼ぶというか呉越同舟というか。この主人公にしてこのヒロインズ有り。

今期のアニメの中でも最も後発組だった「このすば」が、どの作品よりも早く続編決定の報せを届けてくれたという嬉しい事実。ありがとうこのすば!さよならはまだ言わない、言わせない!早々に決定したアニメ第2期。彼らと再び巡り合えるその時を楽しみに待っているぞい!


konosuba10_06.jpg

めぐみんとウィズによる最強の合体爆裂魔法。そうか、これが本当の魔法つかいプリキュ(ry。我ながら最終回の記事構成のオチがこんなんでいいのかと思わないわけではない余談でしたが、言わずにはいられなかった(笑)一日一回、爆裂魔法を撃たずにはいられないめぐみんの衝動欲求に通じるものが…あるわけない。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この素晴らしい世界に祝福を! 第10話「この理不尽な要塞に終焔を!」感想
この素晴らしい世界に祝福を! 第10話「この理不尽な要塞に終焔を!」感想 この女神に、しばしの休息を。
この素晴らしい世界に祝福を! 第10話「この理不尽な要塞に終焔を!」[終]
評価 ★★★☆ 無邪気に手渡された 理不尽な未来を 遊び尽くせる覚悟が出来たかな?            
この素晴らしきコメディに称賛を!【アニメ この素晴らしい世界に祝福を!】
アニメ この素晴らしい世界に祝福を! 全10話
【総評】 この素晴らしい世界に祝福を!
 ≪下記の作品を評価対象に含めます≫    放送開始:2016年01月~◆この素晴らしい世界に祝福を!(第1期)
[2016/03/21 12:58] ぶっきら感想文庫
この素晴らしい世界に祝福を! #10 「この理不尽な要塞に終焔を!」
== 男の原動力は下半身 ==  どうも、管理人です。最近、結構リアルに寝落ちが酷くて、そのせいか記事の執筆にも支障が出まくってるわけですが、まだアップ出来てない記事も出来れば近日中に完成させたい。まあ、出来るなら今からでも気分なんですが、今日も今日で寝落ちする気配が半端ないのでどうにもこうにも。 === カズマ:「ララティーナ……」 ===  今回の話は、デストロイヤーとの直...
[2016/03/20 08:46] 戯れ言ちゃんねる
この素晴らしい世界に祝福を 第10話 「この理不尽な要塞に終焔を!」 感想
祝・2期制作決定!(滅茶苦茶知ってた)
この素晴らしい世界に祝福を! 第10話(終) 『この理不尽な要塞に終焔を!』 そして主人公は英雄に...ならないどころか大変なことに。
とんでもないラストだった。そしてラストの後にお楽しみ。これまでの伏線をフル活用したファイナルバトル。最後シリアスになって急降下することもなく綺麗に終わりましたね。しかも全10話で。監督と脚本の構成力が見事でした。 蜘蛛型ロボット?要塞とか言ってるけどロボじゃないのこれ。カズマも言ってますが始まりの街にしては大ピンチ多すぎませんか。何故か魔王の幹部が二人も居ましたし。 口入れ屋のルナってかなり...
【この素晴らしい世界に祝福を!】第10話『この理不尽な要塞に終焔を!』キャプ付感想
この素晴らしい世界に祝福を 第10話『この理不尽な要塞に終焔を!』 感想(画像付) 男冒険者たちの街を守る理由がw サキュバスの店のためかよ!! どうにも止まらない機動要塞との戦闘の結末は? やっぱり運が無いのは、アクアがパーティにいるせいですかねw 2期制作発表があって、こんなに嬉しいことはない!! 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
[2016/03/17 22:21] 空 と 夏 の 間 ...
この素晴らしい世界に祝福を! TokyoMX(3/16)#10終
最終回 第10話 この理不尽な要塞に終焔を! 機動要塞デストロイヤーが街に接近してきた。カズマはデストロイヤーを知らない。アクアは既に避難すると迫ってくる。デストロイヤーとは暴走した古代兵器。せっかく手に入れた屋敷を手放せるかとギルドに向かう。緊急クエスト 機動要塞デストロイヤーから街を守れ!古代魔法王国が作った兵器で王国は既に滅ぼされた。こんなときミツルギさんが居てくれたら・・・。 アクア...
[2016/03/17 21:53] ぬる~くまったりと
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m