QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第176話「未だ見ぬ未知の領域への挑戦!限界を超えた先に掴めるものがきっとある!」

aikatsu176_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #176「いばらの女王」

失敗を恐れず更なる領域へと至るために困難な道へ挑戦する気概。
全力を出し切るとはどういうことなのかを考えさせられる。
aikatsu176_02.jpg
aikatsu176_03.jpg
aikatsu176_04.jpg
aikatsu176_05.jpg

数々の熱いライブが繰り広げられたスターライトクイーンカップも遂に最終日。前回と同様に本番前夜のルミナスの3人の心境を描きつつ、2日目に出番を終えた凛やまどか、ののが応援する側に回り激励に訪れている姿が印象的。前回が一番心を許せる相手との横の繋がりであるならば、今回は縦の繋がりでこれからライブに臨む者達の背中を押す形になっていたと思います。

同じユニットメンバーからの激励。あかりはまどかに、スミレは凛に、ひなきは珠璃に激励され、それぞれの思いを託される。現時点で暫定一位の珠璃を擁する情熱ハラペーニョの二人は、スキップスやダンディヴァのようには行かないのですが、ひなきを後押しする存在としてみくると、ののリサを絡めて来るのが上手い。これによってあかりスミレと同様に、ひなきにも先輩後輩としての縦の繋がりが生じる形だ。

横と縦の関係を意識させられることで改めて他者との繋がり。ルミナスジャパンツアーのテーマにもなっていた出会いの大切さを痛感させられる。スミレが凛に語ったように多くの人と出会い触れ合うことで大きく成長を遂げルミナスの面々。大空お天気のスタッフ陣からサプライズ的な激励を受けていたあかりが象徴的ですが、これまで関わった人々全ての思いを背負い本番に臨む点で三人は共通している。

またこの三人の共通点として前年のクイーンカップで敗退した際の悔しさを味わっていることが挙げられる。珠璃を除く他の主要キャラが今しがた経験した悔しさをバネに、この一年の間この時を見据えて日々のアイカツに励んできた。だからこそ頂点を取るための意気込みも他に比べて遥かに強い。出来ることはやり切った、全てを出し切るという彼女らの台詞は、実感が伴っているが故に重く響きます。

しかしその全てを出し切るという点において、スミレとひなきが異なる考え方の元にライブに臨み、結果として対照的な結末を迎えたのが予想外でもあり正直ビックリもしました。今の自分の持てる力の全てを出し切る。スミレもひなきもそこは共通している。しかし全力を出すと言っても、それぞれで表現方法は異なっていた。ここが今回の最大の焦点かなと思います。

SAランクのフィーバーアピールを誰も出せないまま、しかし未だ一位の座を譲らない珠璃の上を行くために、それぞれが選択した道。ほぼ僅差の横並びから抜け出し、頂点に立つためにやるべきことは何なのか。失敗を恐れずに今の自分の限界を超える表現をするのか。今の自分が安定して出せる最高のパフォーマンスを最大限に表現するのか。似て非なる道を二人はそれぞれ選択した。

どちらも全てを出し切るという意味では相違ないかもしれない。しかしスミレは更にその先へ。まだ見ぬ領域に踏み込むための「挑戦」を自らの意志で行った。前夜の段階で迷わず挑戦への意気込みを語り、また実際にひなきが珠璃を超えたのを見たことで、更にその思いは強まったのだと思います。誰も出せていないSAランクのアピール。そこまで行かなければ頂点に立ちクイーンの称号を得ることは出来ないのだと。

失敗を恐れず高みを目指すスミレのあくなき挑戦。その気概からもスミレがどれだけの強い決意を胸に秘めてクイーンカップに臨んでいたのかが見て取れる。勿論ひなきはひなきで今出来る最高のライブをやり切った。手堅くと言えば語弊があるかもしれないが、ひなきはこの一年で積み上げてきた全てを発揮し出しきったからこそ、珠璃の上を行けたのだと思います。

結果は対照的なものかもしれないけど、そういう意味でスミレもひなきも共に全力を出し切ったと言えると思います。また失敗したスミレの今の自分が見たことのない領域へ挑戦しようとした事実は、勝ち負けとは別に今後のスミレのアイカツにとって必ず大きなプラスとなる。クイーンだけが全てではなく、その先を見据えることの大切さに通じているのです。

スミレの失敗はクイーンカップ全体で大切なことの一つとして描かれているテーマを内包しており、ただ失敗したという事実だけが残るものでは決してない。悔しさや無念は当然あるだろう。しかしこの事実を受け止めて更なる飛躍へ繋げられるか否か。後述しますがかの星宮いちごでさえ似た経験をしている。それを活かすも殺すも今後のスミレ次第。スターライトクイーンの称号だけが全てではないのです。

ということで一口に全力を出し切ると言っても考え方ややり方は異なっていて考えさせられる回でもありました。さてさて、最終日もあかりを残すのみとなり遂に大詰め!現時点でひなきが一位であり、残念ながらアピールに失敗したスミレはランキング圏外になると思われる。果たしてオオトリを務めるあかりは、自分の直前にそれぞれのやり方で全力を出しながら、対照的な結末を迎えた二人を見て何を感じ何を思うだろうか。

決戦前夜の会話でSAランクのアピールに関して即答したスミレと挑戦への迷いを見せたひなきに対し、あかりがそれに言及するシーンは描かれていない。一番の仲間でライバルでもあるスミレとひなき。その二人のライブを見て刺激を受け、自分ならではのライブでもってあかり自身の答えを示す。もうこの時点で最高に熱い展開となっている気がします。

かつては普通のスペシャルアピールすら出せずに落ちこぼれでもあったアイドル大空あかり。その彼女が誰も出したことのない織姫学園長曰く「異次元の領域」でもあるSAランクのフィーバーアピールを繰り出し、その領域に踏み込み頂点を掴むのなら…。届かなくても頂点に挑もうとする気概を見せてくれるなら…。勝っても負けても彼女の成長をずっと見守ってきた一視聴者として万感の思いなのです。

あかりにとって憧れの存在で原点でもある星宮いちごに対し、スターライトクイーンになると面と向かって宣言した一年前。その宣言通りに頂点に立ち、いちごですら得られなかったクイーンの称号を手にすることは出来るのか。長かったアイカツの物語も本当にクライマックス。どんな結末を迎えようともここまで来たら最後まで見届けるしかない!


aikatsu176_06.jpg
aikatsu176_07.jpg

前人未到のSAランクアピールはルミナスの誰かが出すと漠然と思っていましたが、何となく最初はスミレになるのではないかと思っていた。それだけにまさかアイカツ全体で見ても極めて稀と言えるライブ中のアピール失敗という展開は全然予想してなくて本当にビックリしてしまったのです。まさか最後のソロライブでこれをやるとは…。

似た例としてライブ中のアピール失敗と言ったら17話のいちごの失敗未遂を思い出すけど、逆にこれくらいしか覚えがない。しかし今ではアイカツ界の頂点に居るいちごも、美月と初めて組んだこの時まではスペシャルアピールを一度しか出せないアイドルで、この時初めて己の限界を超えようと「挑戦」していたのです。この点で今回のスミレに通じるものがあるのではないかとも思いました。

失敗しても最後までやり切ったことで、いちごはそれまでの己の限界を超え、まだ見ぬ新しい領域に踏み込んだ。そしてその後もこの時の経験を活かし頑張り続けた。その延長線上に今のトップアイドル星宮いちごは居る。今回のスミレも失敗はあったけど中断することなく最後までやり切った。自らいばらの道を選択した気高い女王。今回の失敗を活かすも殺すもやはり当人であるスミレ次第なのです。

今回のスターライトクイーンカップで頂点を取る可能性はなくなったかもしれない。でも今後もスミレのアイカツは続いて行く。あくまでクイーンカップは終着点ではなく通過点。これまでの成功も失敗も全て含めて今の自分が居るように、今回の失敗があったから大きく飛躍できたとスミレ自身が言える日が来たら良いなと思わずにはいられません。いちごのようにスミレも前に進んで大きくなってくれたら本当に嬉しい!


aikatsu176_08.jpg

意図したものかどうかは定かではないのですが、今回あかりが口にした見ている人への「感謝」というフレーズは、大スター宮いちごまつりのテーマとしていちごが掲げたものと共通しており、これがあかりの口から自然に出てきたところが物凄く感慨深い。と同時に本当に終わりが近づいていることも実感させられて寂しくもある。この複雑な感情は終わるまでずっと付いて回るんだろうなぁ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツ・このすば・ポケモン・少女荒野)
アイカツ! 第176話 スターライトクイーンカップもいよいよ最終日。 ルミナスの3人でひなきがトップバッター。この時点で彼女の優勝は…^^; みくるが応援についたことで、ひなきが珠璃を抜くとこまでは予想通り。 続くスミレちゃん、クイーン争いへ凛に決意を語ったシーン。 まさかの伏線だった…まさかのスペシャルアピール失敗(ToT) おそらくAランクアピールだったのを、SAに挑んでしま...
[2016/03/18 10:36] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m