QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第89話「友達同士で笑って騒いで大団円!プリパリに帰還するひびき達の未来に幸あれ!」

pripara89_01.jpg
プリパラ #89「み~んなトモダチ!み~んなアイドル!」

色々あったけど最後は仲良く騒いで笑顔のお別れ!
笑いあり涙あり感動ありのプリパラ2年目最終回!
pripara89_02.jpg
pripara89_03.jpg
pripara89_04.jpg
pripara89_05.jpg

晴れて友達同士になったのに一緒に居られる時間は残り僅かということが判明し、ひびきの送別会と誕生日を兼ねた最後のドタバタ騒動が純粋に面白くて楽しい。ようやく分かり合えてひびきに対して遠慮がなくなったらぁら達と、簡単に性格までは変えられず意地になって反撃するひびき様とのやり取りの応酬が微笑ましいし、そのひびきをさり気なく支え誘導するふわりのパートナーっぷりも光っていた。

ひびきが登場して以降の物語を締める回としての側面があり、多分に今回はひびき関連の話の整理に入っていて、ドタバタ劇の中でもひびきが本当に大事で大切に思っていたものは何だったのか。面白おかしいネタを絡めつつ、やるべきところではしっかり真面目な空気を形成して本心を明かしていたのも良かった。そしてやっぱりひびきにとっての特別な存在はふわり、ファルル、安藤なのだと。

その中でもひびきにとって各々がどういう存在なのか。その認識の差がハッキリ出ていたのも良かったと思います。ひびきが本当に求めていたのは否定していたはずの友達で、それをふわりに求めていたことを直接明かす。送別会の喧騒から離れ、まるでパルプスの山の中で出会った時の空間を再現しているかのようなシチュエーション作りも雰囲気をより一層盛り立ててくれる。

理想のプリンセスはファルルで彼女にそれを告げる時もやはり二人きりの時。ふわりの時と異なりプリパラ内の幻想的な空間の中でそれを行っていて、空間の違いで役割の差を演出していたようにも感じました。また送別会前に引っ越しの荷造りを一人で出来ないひびきの姿を挟んだことで、ひびきにとって執事安藤が改めて必要不可欠であることを意識付けられる。

自分からは決して姿を見せない安藤をおびき出す為に、普段なら絶対しない女性らしい姿を披露したのも安藤に対してのひびきなりの誠意の示し方のように映りました。理想の友達、理想のプリンセス、理想の使用人兼仕事上のパートナー。ふわり、ファルル、安藤の三人は、ひびきが暗に執着を見せていたものを象徴する存在であるからこそ、今回それぞれに見せ場が与えられたのだと思います。

パルプスのような場所でふわりと二人だけの静かで穏やかな時間を過ごし、これまで尽くしてきた忠臣安藤との和解。自分がこれだけは観たかったという要素をほぼ全て回収しながらも、これまでの重圧から解放されらぁら達のノリに反応するひびき様のギャグ要員としての見せ場もあって本当に満足度の高い回でした。終わりよければ全て良しですな!

らぁらやドロシーには思いっきり反発するのに、ふわりが言うと言い返せなくなってしまう。ふわりがひびきにとってどれだけ特別な友達なのかも各シーンから窺えて、二人が共に報われる関係に収まってくれたことが只々嬉しいです。完全に尻に敷かれていてもそれで良し。ふわり達が居ればひびき様ももう大丈夫。プリパラに行っても騒がしくも楽しい毎日が続いてくれると良いなと思わされる締めの回でした!


pripara89_06.jpg
pripara89_07.jpg
pripara89_08.jpg
pripara89_09.jpg

かねてからずっと見たいと思っていたひびきとふわりの共演がようやく現実のものに!ドリームパレードで実現しなかったのも全ては終わりのこの回に持ってくるためだったのですね。歌詞も振り付けも完全にひびきの苦手系な楽曲ゆえに、当初であれば…というか今でも出来ればやりたくないであろう『コノウタトマレイヒ』を披露する姿は本当に感慨深い。ひびき様はもうふわりちゃんには逆らえませんな。

やるからには吹っ切ると決めていたのか。せっかくメイキングドラマで渾身のギャグを披露したのに、ふわりに軽くスルーされ落ち込むひびき等々。二人にとっては特別な意味を持つライブで感動的なのに笑いも忘れないプリパラらしさが凝縮されていて、本当に素敵なライブに仕上がっていたと思います。ふわりちゃん願いが叶って本当に良かったなぁ…。


pripara89_10.jpg

もうひびふわがどう見ても完全に夫婦です、本当にありがとうございました!2人がすれ違ってふわりがパルプスに帰ってしまったあの時からこういう光景が見たかったので念願叶って本当に嬉しいのです。レオナの台詞も結婚披露宴で新郎新婦に贈る祝辞だもの。おめでとうひびふわ。いつまでも幸せな2人でいてほしいのです。それにしても改めてプリパラって凄い女児向けアニメだ。


pripara89_11.jpg
pripara89_12.jpg

去り際にひびきが自分の人形をBAKAの箱に入れ最終的な分類がどうなったのか。全員分が出たこのシーンが凄く良かったです。これこそがひびき登場以降の物語の集大成。自他共に認めるまごうことなき天才の自分をBAKAに入れるのは、ひびきが特別ではなく自分も他の皆と同じプリパラの一員であること、他の皆を友達と認めたことの何よりの証ではないかと思います。

そしてひびきと対立する主張を掲げていたらぁら陣営。特にその陣頭に立ち一貫してブレずに「みんな友達、みんなアイドル」と公言していたらぁらを「プリパラ」と分類したのは、それこそがプリパラの在るべき理想的な姿だと、他でもないひびき様が認めた証なのではないかと。2年目のプリパラを端的に総括していたシーンのようにも映りました。本当に味わい深い締めの回でした。3年目以降も楽しみ!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第89話感想
 「プリパラ」第89話「み〜んなトモダチ! み〜んなアイドル!」の感想です。
[2016/03/30 19:18] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ・リルリルフェアリル・JKめし・彼女の猫)
プリパラ 第89話 ファルル、ひびき、ふわりの3人が今回でとりあえず退場。 でもあじみ先生はプリパラに残るダビンチ^^; 送別会&ひびき誕生パーティーを兼ねたイベントは大盛り上がり。 ひびきには罰ゲームぽかったけどヽ(;´ω`)ノ 語尾消去インカムはなにげにすごかった。 ふわりちゃんとのステージはよくがんばりましたね。 あんな可愛いひびきが見られるとは。 "ひびきさんが女装す...
[2016/03/30 15:34] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m