QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第92話「神アイドル有力候補じゅのん登場!新ライバルTRIANGLEがプリパラを席巻する!」

pripara92_01.jpg
プリパラ #92「ちょう絶クール蝶(バタフライ)」

プリパラに舞い降りた超新星は神アイドルの有力候補!
クールタイプのじゅのんは蝶クール!
pripara92_02.jpg
pripara92_03.jpg
pripara92_04.jpg
pripara92_05.jpg

プリパラ内で見つけたジュルルの本当の母親は、プリパラに来ている誰かではないかという、妹のんの至極真っ当な推測を元に、現実世界で母親探しに奔走するらぁらの気苦労が絶えない姿と、パプリカ学園内で巻き起こる騒動が素直に楽しい。ひびき達が帰郷する前は学園内部の描写が鳴りを潜めていただけに、原点回帰とまでは言わないけど初期のノリを感じさせる各キャラのやり取りに魅了される。

あろみかも加えてのらぁら達の授業風景やみれぃの校則違反チケット、親衛隊にチヤホヤされるそふぃ様にドレパ勢の程よい絡み。更にヤバさを増している雨宮君の妄想暴走に、隠し事をするらぁらに目ざとく気が付く校長等々。序盤の頃の定番要素を用いながら、らぁらにジュルルのママ探しをさせる一方で、今回はこれらの要素によってリアルでの彼女達の姿を改めて意識付ける狙いもあったのかなと感じます。

プリパラの外と中では姿がまるで違うアイドルが居てもおかしくない。妹のんの発言であり姉のらぁらはその最たる例とも言える。そしてそれは彼女とユニットを組むみれぃやそふぃとて例外ではない。今回委員長としてのみれぃの姿や、ファンシーモードのそふぃ様が改めてフィーチャーされていたことで、改めてプリパラ内外での彼女達の差異と、のんの発言の真意が深く見えてしまいます。

そしてそれは新キャラじゅのんの登場と密接に結び付く。神アイドル候補と言われながら実績はまだない驚異の新人。経歴不明、リアルの素性も不明な謎めいた彼女の登場によって、否応なく前半パートで描かれていた要素を意識させられてしまいます。つまり、これだけの実力を持ちながらも今まで誰も知らなかったじゅのんとは一体どういう子なのか。リアルの彼女の姿はどんなものなのかということである。

新たなライバルとして登場しソラミスマイルに対して宣戦布告を行ったトライアングル。初期そふぃ様を彷彿とさせる雰囲気を纏うじゅのん、初登場にして強烈な語尾アイドルとしての印象付けを行ったぴのん。これらのキャラ付けは、まるで対ソラミスマイルを想定し、意図的に彼女らとキャラを被せてきたようにも見えます。同時にそれはソラミスマイルに対する尊敬の念というかリスペクトとも取れる部分。

まるでソラミスマイルのことを知り尽くしているかのようなキャラ付け。公然と彼女らをライバルと宣言する新星のアイドル達。プリパラ内ではそんな風に振る舞うトライアングルの面々は、じゃあリアルでは一体どんな子なのだろうかということですね。らぁらたちの既知の人物なのか、未知の人物なのか。プリパラの内外でどれほど見た目や性格にギャップがあるのか。それは今後明るみになるところで大いに期待したい。

またトライアングルを導くマスコットとして、まさかのウサチャ再登場は完全に予想外で嬉しい誤算。クマとウサギが初期の頃のようなライバル関係で火花を散らすことが少なくなっていただけに、アイドル同士のみならずマスコット同士の関係を刺激する良いカンフル剤的な役割として機能するのではないかと期待が高まりました。何よりウサチャ可愛い。

ジュルルのお世話に加えて名指しで自分達をライバルと宣言してきた新たな強敵トライアングルの登場。更に騒がしくなるらぁらの周囲の環境。トライアングルの参戦がプリパラにどんな化学反応をもたらすのか。プリパラの内外に表れることの出来るジュルルの正体や如何に。これからますます騒がしくなっていくだろう神アイドル編の掴みはバッチリなのではないかな。


pripara92_06.jpg
pripara92_07.jpg
pripara92_08.jpg
pripara92_09.jpg

じゅのん堂々のデビューライブ!初期そふぃ様やシオンのソロもそうなんだけど、クールタイプのメタリックな楽曲は本当に格好良いし単体でもステージ映えして素敵なのです。ソロならやっぱりクールタイプのライブが一番好きだと再認識。また何かにつけて「じゅ」という一言を発するじゅのんが地味にツボ。謎めいた決めポーズも如何にも本作のクールタイプらしさを感じさせてくれる。

また万華鏡を模したと思われるじゅのんのメイキングドラマでは、じゅのんが複数人に分裂しており、これが一番最後に後述したトライアングルの正体を暗に示唆しているのではないかなぁ…なんて見えたりもしました。見る角度によって姿形を変える。プリパラ内と外の差異を意識させらた今回ならではのメイキングドラマとも言えるのかもしれません。

あとライブ前後の聴衆とのコール&レスポンスは初期そふぃ様のアレを彷彿とさせるし、じゅのんの謎めいた発言を理解して付いていけているのは、そふぃ様とあろまだけで、ライブ本番のみならず前後の流れでじゅのんの蝶クールな性質を出してキャラ付けを行っていたのが印象的でした。


pripara92_10.jpg

少し見ない間に更にそのヤバさに磨きが掛かったような気もする雨宮君の南委員長に対する敬愛の念。そのブレない姿勢に一周回って尊敬の念すら抱いた時期もあったんですけど、ここまで来るともう一度恐ろしさを感じずにはいられないかもしれない(笑)しかし本当に雨宮君に関しては本当に変わりませんなぁ。プリパラに入ることはない彼には内も外もあったものではない。


pripara92_11.jpg

ジュルルのママ候補に当たり前と言わんばかりにレオナも加えてしまう我らのらぁらさん。しかし世界で唯一プリパラの神様に可愛さを認められたレオナですしね。さほど違和感もないという事実が何よりも恐ろしいのかもしれない。ある意味、雨宮君のシーン以上にプリパラの業の深さを感じられた気もする一幕なのでした。


pripara92_12.jpg
pripara92_13.jpg
pripara92_14.jpg

今回新たに登場したじゅのんとぴのんに加えて、もう一人のかのんも全て名前にあの子の名を冠するキャラとなっている。今回EDクレジットで前二人のキャストが伏せられた事実と合わせて考えると…。こうした点からもリアルとプリパラ内での違いを意識させられる回だったかなと思います。ミスリードの可能性もあるし、仮に予想通りだとすれば彼女が1人3役をやってることになるわけだが果たして…。

じゅのんのメイキングドラマの件からもその可能性は有り得るんじゃないかと思った次第。ただシステム的にそんなことが起こり得るのかという懸念もある。トライアングルのメンバーの正体が誰なのかによっては、前回と今回の記事がとんだ的外れになる可能性も大いにあるので、その時はこっそり笑ってやってくだされぃ!あれこれ妄想するのも楽しみの一つということでどうか。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
やっぱり、トライアングルは1人で3人をこなしてるように思えますよね。
プリパラの外と内側の件もありますけど、
ぴのんがパクトや画面越しで登場して
皆の前で直接姿を見せたわけじゃないって言うのが一番引っかかるんです。
[ 2016/04/20 01:30 ] [ 編集 ]
Re:
じゅのんが鮮烈なデビューを飾っただけにですね。
同じユニットメンバーのぴのんを紹介するのなら同じ場所に連れてくる方がより自然ですもんね。
画面越しで登場したのにはやはりそうせざるを得ない特別な事情があってのことなのかなと私も思います。

しかし本当にあの子がやっているのだとしたら凄い演じ分け頑張っているのだなぁと(笑)
どちらにしてもトライアングルの面々のこれからの活躍と彼女達のリアルの姿が明るみになる日が楽しみなのです。
ではでは、コメントありがとうございました!
[ 2016/04/20 20:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第92話感想
 「プリパラ」第92話「ちょう絶クール蝶(バタフライ)」の感想です。
[2016/04/21 21:55] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ・12歳・ゴマちゃん・薄桜鬼)
プリパラ 第92話 ママ4を思い出すアバンだったな^^; 赤子に新ライバルと、慌ただしいらぁらちゃんのプリパラライフ。 いつ泣き出すかわからないジュルルちゃんに戦々恐々。 中の人はあじみ先生との兼役がんばってるなと。 ライバルキャラがいきなり高ランクというのもお約束。 じゅのんにシオンが早くも対抗意識燃えまくり。 ぴのんちゃんは…ぶっとびキャラがまた一人増えた^^; 公式では...
[2016/04/20 06:28] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m