QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツスターズ! 第4話「華やかな舞台の裏側とS4の凄み!支えてくれる人達が居るから輝ける!」

aikatsustars04_01.jpg
アイカツスターズ! #04「いつだって100%!」

アイドルとスタッフが一丸となって生み出す輝き!
才能や実力以上に大切なことがきっとそこにある。
aikatsustars04_02.jpg
aikatsustars04_03.jpg
aikatsustars04_04.jpg
aikatsustars04_05.jpg

トップアイドルの仕事を間近で見ることで初めて気づけることや得られるものがある。ということで無事に組分けが終わったゆめ達に与えられた初めての仕事はS4が関わる番組の裏方作業!アイカツシリーズにおいては最早恒例とも言える内容でもあり、初代で言うなら一日マネージャーに通じる回でもありましたが、あえてトップアイドルのひめと主人公ゆめを現場では遭遇させないという点が新しい。

トップアイドルに付き添ってその仕事ぶりを間近で見るという役割は、美組の小春に割り振られていて、ゆめはそれを羨むという形に収められている。この羨むというのが一つのポイントで、今回のゆめはとかくアイドル業界の華々しい表舞台の方にばかり目を向けようとしていました。与えられた仕事を放棄して憧れのひめを一目見ようとしたところ等は、その最たる例と言えるだろう。

また憧れのひめに帯同する形ではないが故に、ゆめが裏方の仕事に対して不平不満を隠そうとせずに言ったり、学園に戻って疲れを仄めかしたりするのも、感情表現がストレートなゆめの性格を上手く活かした形ではないかなと思います。まだ実態をよく知らず、覚悟も半端な新人アイドルゆめのこれらの反応は、スタッフの山口FDが言った通りファン気質が未だに抜けていないことの表れなわけです。

華やかな舞台の裏側では実に多くの人間が多大な労力を割き、何日も前から準備を進めている。飛び込んで見て初めて見える理想と現実の乖離。そしてゆめは裏方作業を通して少しずつそのギャップを埋めていくわけです。そうすることで一ファンだった時には見えなかったものが目に入り見えてくる。ステージで華々しく輝くアイドルの輝きは、アイドルだけで作り出しているわけでは決してない。

ステージに立つアイドルと、そのアイドルが立つ舞台を作り上げるスタッフ。双方が同じ気持ちで一つになることで、初めて見ている人に何かを訴えかけられる力を持つステージが出来上がる。そしてそれを可能足らしめているのは互いに対する信頼と気遣いがあればこそ。どちらもあの人たちならば最高の仕事をやってくれるという信頼関係で結ばれているから実現できることなのだと思います。

一度組み上がったステージを直前で解体し、別の物へ差し替えて欲しいと頼んだひめと夜空は、ここのスタッフならばやってくれると信じているからこそ無茶とも言える要求を出せるのだと。そしてスタッフもそれをやり遂げることで彼女達がそのステージに相応しい最高のパフォーマンスを発揮し、ファンに夢と感動を与えてくれると信じているからこそ、その要求に不満を零すこともなく全力で応えてみせる。

これが100%を出すということであり、同時にプロの覚悟と強い決意を秘めた人間が行う仕事なのだと思います。S4が他のアイドルと一線を画して凄いところは、その才能や実力のみに留まらず、自分達を支えてくれる存在が如何に大事であるかを真に理解し、気遣い、その信頼を勝ち得ているところにあると思うわけです。そしてその姿勢は後輩アイドルと接する時であっても変わることがない。

現場でもプライベートの時間でも気を緩めず、ゆめ達以上に多忙でも疲労を感じさせたり、ましてや愚痴を零すこなど決してなく。それどころか後輩を気遣い今の彼女達にとって大切なことは何なのかをそれとなく仄めかし示してあげる。夜空の楽屋シーンも含めてですが、ゆめはスタッフ一同だけではなくS4の表と裏の部分を目撃することで大切なことに気付いているのですよね。

ステージの上で光り輝くアイドルに単純に憧れる。ファンのままであるならそれでもいい。むしろ裏側の面は見せるべきではないし悟られてもいけないのかもしれない。しかしトップアイドルを志し、その道を歩む者であるならば話は別なのです。そして壇上で輝くひめと夜空を見届けつつ、その周りでステージ作りに携わる人たちに目を向けることが出来るようになったゆめは、もうファン気質を纏う人間ではない。

ローラですらひめと夜空に圧倒され目を奪われる中で、周りに目を向けられるようになったことがその表れ。ある意味で恒例回ではあったけどスターズならではの見せ方は出来ていたと思いますし、S4が何故他の皆から慕われ一線を画する存在として成立してるのか。その理由の一端も魅せつつ、ゆめの確かな前進を描けていた回だったのではないかと思いました。


aikatsustars04_06.jpg
aikatsustars04_07.jpg
aikatsustars04_08.jpg

ひめと夜空の同時ライブ!イントロが流れてくると気持ちが昂る~。今回のライブの最大の特徴はこれまでの円形ステージからランウェイタイプのものに変わっていることで、ひめもいるけどトップモデルの夜空が加わったことをステージタイプの変更でもって端的に表しているようにも見えます。このランウェイステージも前作では数多くあったけどスターズでは初なので。

ステージ演出や背景等も、どちらかというと夜空のロマンスキスのコーデの雰囲気に合わせたもので、ステージの形と合わせて今回のライブは夜空の方がメインだったかなという印象を受けます。ひめ先輩は初回で一応ステージ披露してますしね。スペシャルアピールも夜空の妖艶さを引き立たせていて見応えあるライブに仕上がっていたように感じました。S4全員が揃ったライブも今から楽しみですな~。


aikatsustars04_09.jpg
aikatsustars04_10.jpg

何気にゆめ以上に順調に歩んでるようにも見える小春ちゃん。憧れの夜空に一番近い今回の立ち位置は前作の一日マネージャーそのもので小春は小春で彼女の道を歩み始めている。ジャンケンで勝ってたまたまという話でしたが、そこは運も実力の内ということで。それを活かすも殺すも小春ちゃん次第。この経験を活かして彼女が前に進んでくれるならいうことはない。


aikatsustars04_11.jpg
aikatsustars04_12.jpg
aikatsustars04_13.jpg

自信満々で常に強気なところはローラの魅力的な部分でもあり、ゆめよりも先に裏方作業に対する価値を見出し、抜け目なく自分をアピールすることも忘れないところは流石である。ただその一方で常にゆめに気を配り世話を焼いているローラも居て、やっぱり現状でS4に一番近い所にいて似た気質を兼ね備えているのは彼女なんだなと思わされました。そんなローラちゃんのキャラが魅力的。


aikatsustars04_14.jpg
aikatsustars04_15.jpg

感情表現が豊かで表情も豊かなゆめは、他の人に弄られることでその真価を発揮するなぁと改めて思いました。本当に目まぐるしく表情がころころ変わるのはスターズの魅力の一つと言っても過言ではないのではないだろうかと。あと普段髪を結っているキャラが髪を解いておろしたら、それだけで破壊力抜群だよねーというお話。有り体に言えば髪おろしゆめちゃん可愛い。

髪をおろしたゆめちゃんが伝説の星宮いちごさんに微妙に雰囲気似てるかもと思ってしまったことは内緒。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツスターズ・ポケモン・ここたま・坂本ですが)
アイカツスターズ! 第4話 新人組裏方お仕事体験編。差し入れがS4からというのにほっこり。 ベーグルサンドとスムージーがスターズの看板メニューでしょうか。 ローラはすごくしっかりしてて頼もしいですね。 ゆめちゃんは裏方でも惹きつけるものがあるようで。 小春ちゃんは運も強いなと。夜空の1日お付きゲット! じゃんけん何勝したのかしら。1発で決める感じもするなあこの子は。 さてさてジ...
[2016/04/29 13:49] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m