QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第94話「決め台詞はかのペロ!トライアングル最後の一人かのん堂々のデビュー!」

pripara94_01.jpg
プリパラ #94「カモンカモン・かのん!」

天然あざと枠かと思いきや意外としたたか!?
トライアングル最後の一人かのんも侮れない!
pripara94_02.jpg
pripara94_03.jpg
pripara94_04.jpg
pripara94_05.jpg

突如として降臨した女神ジュリィと神チャレンジライブの熱気冷めやらぬ中で、隠されていた秘め事が次第に明るみになっていく。ということで今回はプリパラがアップデートして神アイドルグランプリ仕様になって以降、仄めかされつつも確定していなかった事項が、徐々に明らかになっていき、それぞれの要素に繋がりが出始めた回だったという印象を受けました。

まず一つはらぁらがひた隠しにしようとしていたジュルルの存在が、仲間たちの衆目に晒され公然の秘密と化したこと。そして二つ目は謎めいた赤ちゃんだったジュルルが、実は神アイドルを導く存在の女神ジュリィであった事実の判明ですね。らぁらが一人で抱えるだけでは見えなかったものが、秘密を一つ解き明かすことで連鎖的に明るみとなる形になっていました。

そして三つ目がトライアングル最後のメンバーかのんの登場による彼女達の秘密への肉薄である。厳密に言えば彼女らの秘密は未だ明らかにはされていない。しかし、かのんの個性やキャラクター性を描く過程で、じゅのんやぴのんの時以上に、あるキャラとの共通性が示唆され強調されている。もうハッキリ言っちゃいますけどらぁらの妹、のんちゃんとの共通項ですね。

トライアングルのメンバーがソラミスマイルの三人に意図的にキャラを被せてきているのでは的なことを、じゅのんとぴのんが登場した92話感想で自分も書いたわけです。残るかのんはどういう子なのかなという思いで見ていたんですけど、もう今回はあからさまと言ってもいいくらい。らぁらとのキャラ被りだけではなく、リアルののんちゃんとの共通性が随所に見受けられる内容になっていました。

らぁらと同じく天然系アイドルかと思いきや、全てを見透かし姉やドロシーの弱点を的確に抉るように突いてくる抜け目のなさ。らぁらの「かしこまっ!」を彷彿とさせる代名詞となり得る決め台詞「かのペロ!」の徹底ぶり。頭角を表しているアイドルのファンであることを人目を憚らずに公言する姿等々。らぁらとの類似性を意識させられるのと同時に、リアルののんの姿がチラつくわけです。

そして極め付けだったのが、ライブ前のトライアングルの会見と、ライブ終了後にかのんがソラミとドレパの両ユニットに向けて言ったライバル宣言。前者に関しては最早言うに及ばず。後者に関しては27話でのんちゃんが人知れず決意して語っていた彼女の夢の内容と酷似しており、もうこれ当確と言っても差し支えないだろうと。これで違うってなったらそれはそれでビックリ出来るので良いんですけど(笑)

ともあれトライアングルを構成する三人のメンバーのリアルの姿は誰なのか。直接的な明示ではなかったけど間接的にほぼ確定しても差し支えない示唆がなされていて、その意味で彼女らの真相に近づいたと言えるのかなと。総合して見ると各要素の秘密の開示、真相へ至るための道筋が示されていた回だったのかなと思いました。

ジュルルの存在が仲間内で公になったことでリアルでの騒動や楽しさも倍増しそうですし、キャラ被りしてるとは言えトライアングルのメンバーは三人とも個性があって本格的に絡んでくる時が楽しみ。今回のかのんも良いキャラしてましたし。トライアングルの揃い踏みは一先ず置いといて、まずはジュルルのお世話の持ちまわり。予告の時点で相当に期待値高まってしまったので今から次回が待ちきれない。


pripara94_06.jpg
pripara94_07.jpg
pripara94_08.jpg

登場して以降、今まで1度として2人以上が同じ空間に同時に居たことがないトライアングルの面々。今回のライブ前の会見は今までの疑惑を確証に変えるのに充分すぎるもので、全員が同時に出てこずに入れ替わりで登場するのはやはりそういうことなのだろうと。メイキングドラマのみならず、ライブで使用する曲と振り付けも三人全て同じという事実も、その印象を補強してくれる。

ただほぼ間違いないと思える事実を覆し得る要素がないわけでもないのですよね。プリパラ内外での容姿の差異に関しては、らぁらやみれぃを始めとして前例があるけど、一人で複数の姿を使い分けた例は今まで多分なかったと思う。強いて挙げるとするならひびき様の怪盗ジーニアスくらい。でもこれも例外中の例外でしたし、何よりひびき様はプリパラのシステムそのものを弄ってましたので。

それが出来るなら別人の線もまだ残るのかなーと。あとはライブ終了後に他ならぬかのん自身が3人揃ってのトライアングルのライブを楽しみにという発言をしてるのがネック。同一人物ならどうやって3人同時を実現するのかという手法が気になるし、別人であるならそれはそれで衝撃なのです。いや、もう本当早く正体を教えてくだされ。下手したらここ数話の感想全部抹消しないといけないレベルの的外れになりかねないw


pripara94_09.jpg
pripara94_10.jpg
pripara94_11.jpg

ジュルルの存在が発覚した時に真っ先に反応を示し、プリパラの内外でらぁらを気遣ってあげるみれぃちゃんの優しさが身に染みる。あろみかと同じくらい、らぁみれも至高ですな。テストの点がアレだったあたり、らぁらも私生活に影響をきたしていましたし色々な意味で限界が近づいていたと思うので。世話焼きみれぃの存在は、やはりらぁらにとっても大きな精神的支えになってるんだろうなぁと改めて痛感しました。


pripara94_12.jpg
pripara94_13.jpg

スタイリッシュイクメンなめが兄ぃさん、初めて女性に逃げられるの巻。女性陣のみならずレオナすら魅了してしまう魅力を兼ね備えた我らのめが兄ぃさんだけど、こういうことも稀にある。相変わらずのやりたい放題自由奔放なその姿に、しかし安心感のようなものがあるのは何故だろう。これからも変わらぬめが兄ぃでいてくだされ!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
1人で複数の姿自体は珍しいですけど、
そこはシステム弄ったり特殊な事しなくても出来ますよ?
現にみれぃはプリパラ内ではポップアイドルのみれぃですけど、
1年目のバレンタイン回、オタドリお披露目ライブの警備時、
ひびきとの対決を承諾した時、ガァルル初ライブの時、
とやろうと思えば委員長みれぃ姿でもプリパラ内にいられますから。
ただ、気になるのはアイドルランクの方です。
かのんとじゅのんのアイドルランクは共通のものではなく、
個別のアイドルランク扱いって言うのが引っかかります。
[ 2016/05/04 06:20 ] [ 編集 ]
Re:
アイドルランクが別ということはトライアングルメンバーはシステム上でもそれぞれ別個に登録されているわけで、 仮に正体がのんちゃんだった場合に一人で複数の姿を使い分けてプリパラ内で活動できるのか。 ということを言いたかったのです。 その意味ではリアルの姿をそのまま持ち込んでいたみれぃとはまた話が別だと思うので。

ともあれかのん的には3人同時ライブを行うことに自信満々の様子なので、どうやってその点を回避して見せるのか。それとも実は同一人物のように思わせておいて別々の3人が普通にユニットを結成していました的な展開にもっていくのか。まだ少し先の話になりそうですがトライアングルメンバーの正体が判明する回が今から楽しみなのです。 貴重なご指摘ありがとうございました、ではでは!
[ 2016/05/05 17:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(プリパラ・薄桜鬼・鬼斬)
プリパラ 第94話 予想通りといいますか、ジュルル=女神様でしたね。 みんなでお世話することになって一安心。 …もつかの間、らぁらちゃん算数のテスト13てん^^;^^; トライアングルの最後の一人、かのんちゃん登場! あざとい腹黒い…アイカツに似たような子がいた気が^^; らぁらちゃんテストの点バラされたしヽ(;´Д`)ノ 強力ライバルポジということでかのんちゃんもかなりの実力...
[2016/05/05 13:26] のらりんすけっち
プリパラ 第94話感想
 「プリパラ」第94話「カモンカモン・かのん!」の感想です。
[2016/05/04 11:19] Msk-Mtnのブログ
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m