QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第95話「計算外の事態にみまわれるジュルルのお世話!みれぃママの子育て奮闘記!」

pripara95_01.jpg
プリパラ #95「かんぺきママみれぃ!」

教育ママみれぃの子育て奮闘記。
子育てに画一的なやり方はないのですね。
pripara95_02.jpg
pripara95_03.jpg
pripara95_04.jpg
pripara95_05.jpg

女神ジュリィと同一の存在であることが判明したジュルルの育成方針を巡っての顛末と一騒動。みれぃを除く他のメンバーがジュルルを甘やかしてばかりいることを憂慮したみれぃが、単身ジュルルを預かり持ち前の生真面目さから教育ママっぷりを発揮する展開が楽しい。ただ問題だったのはみれぃが自分の理想を一方的に押しつけてしまい、大切なことを見誤ってしまったことですよね。

甘やかすばかりが優しさではなく、時には厳しさも必要なことは言うに及ばず。ただしそれは世話をする子供と真正面から向き合って、適切にさじ加減しなければいけないデリケートな面も含んでいる。子供の成長するペースや習熟の速度、性格はまさに千差万別。人それぞれで画一的なものでは決してない。ファルルが上手くいったから同じようにジュルルも上手く行くとは限らないわけです。

またユニコンは一見自分の理想をファルルに押し付けていたようで、彼女の誕生した経緯を鑑みた上で身を案じ、真に彼女の為になればという思いで教育を施していました。一方で今回のみれぃはどうだったかというと、ジュルルのためと言いつつも、その実で自分の計算した通りの完璧さにジュルルを当て嵌めることに終始し、ジュルルと真に向き合おうとはしていませんでした。似て非なる両者なのです。

何事も計算し尽くした上で完璧を目指すみれぃと、何事もその時の気分次第で行動が変わる赤ちゃんジュルルの相性は、その意味では最悪でみれぃにとっての天敵とも言える存在なわけです。しかし対照的な両者だからこそ向き合うことの大切さと、相手を本当の意味で思いやり接することの大切さを訴えかけてくれる。計算通りに当てはめることが全てではないのです。

育児を通してみれぃがかつての自分の実態を把握するのと同時に、計算だけでは推し量れない大切なことを学んでいた良い回でした。ジュルルを笑顔にすることを忘れていたという要素は、アイドルとしてファンに向き合う姿勢にも通じていたと思います。既存の観念から脱却を果たし、人間的に一回り大きくなれたみれぃだからこそ、神チャレンジライブへの扉が開いたのではないでしょうか。

今回はみれぃの性格をダイレクトに反映した教育ママっぷりと育児ノイローゼを通して、本当に大切なことを説いていた回だった気がします。親は子供から大切なことを教えられ、子供は実際に自分が子育てをすることで大切なことに気付き、その有難みを知る。育児をテーマに据えながらもプリパラらしいカオスさは内包し、民法と育児の大変さを学べる女児アニメとして仕上げる。プリパラってやっぱり凄いね!


pripara95_06.jpg
pripara95_07.jpg
pripara95_08.jpg
pripara95_09.jpg

らぁらに続いてみれぃの神チャレンジライブっぷり!歌詞や振り付けは同一のものなんだけど、それでも全キャラ個別で見たいと思わせてくれる熱量が、この短い時間の間に集約されていて自然と見入ってしまうのです。控えめに言っても神がかっている。ジュルルの心を掴んだ者から順に導かれているところなんかは前回ドロシーが指摘していたことがまんま当て嵌まるけど、それは言わぬが華というもの。

ライブ終了時にシオンが「先を越された」旨の発言をしていましたが、折に触れてそふぃの天才性を気に掛けていたみれぃが、その彼女に先んじて神チャレンジライブへの扉を開いたという事実が地味に感慨深かったりする。それは二年目の物語で触れられ、一つの答えを見出したところなので、もうそれほど触れられることはないと思うけどそれでもですね。


pripara95_10.jpg
pripara95_11.jpg

みれぃとジュルルの喧嘩しながら最後は仲良しの光景も微笑ましくて良かったけど、最初から甘々でジュルルにデレデレの一同の姿もまた良い。その中でもやっぱりレオナママですな。一つ一つの仕草が本当に堪らんです。女神ジュリィがレオナを導く日が来るのを凄く楽しみにしている自分。いろんな意味でプリパラの歴史が変わる日になるんじゃないだろうかと。


pripara95_12.jpg

みれぃメイン回でもあるので雨宮君のある程度の活躍は期待していたけど、持ち前の妄想癖に歯止めが掛かるどころか更に加速し続ける雨宮君のヤバさが際立っていた。南委員長に対する彼の妄信は、一途さの表れでもあって応援はしていたはずだけど、最近は度を越していた領域から更に度を越している感がある。一周回ってやっぱりヤバいとしか思えなくなってしまう今日この頃。小田和正さん風のBGMも反則。

みれぃメインエピソードなだけあって雨宮君だけではなく、彼女に縁のある人が話に絡んできて期待通りの展開になってくれたことが嬉しかった。みれぃの両親とか南家の家庭内法廷とか6話の頃と何ら変わっていなくて和んでしまう。いつもは沈着冷静な南委員長の様々な表情が見られた良い回だった~。赤ちゃんの頃のみれぃちゃんとか雨宮君にはとても見せられないですね。あらゆる意味で危険すぎるので(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第95話感想
 「プリパラ」第95話「かんぺきママみれぃ!」の感想です。
[2016/05/12 20:19] Msk-Mtnのブログ
アニメまとめてプチ感想(プリパラ・薄桜鬼・ゴマちゃん)
プリパラ 第95話 ママ役を買って出たみれぃ、カンペキを目指しますが。 赤ちゃんは時間通りにおしっこしません^^;^^; たっちもまだなのに言葉はムリよみれぃちゃん^^; ガミガミ言われ、あそびをジャマされ、ジュルル激おこヽ(;´ω`)ノ 思い通りにいかずイライラMAXのみれぃ。あちゃー(>_
[2016/05/11 06:19] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m